湯の丸キャンプ(長野県東御)リポート

  1. 2017湯の丸キャンプ【2017,01,09】

    3連休湯の丸キャンプ終了しました。旗門数は15,16旗門程度ですが、スピードが出る緩斜面から中急斜面へと落ちていくコースはライン取りが難しく、集中力が必要とされます。選手の皆の疲労度は言うまでもありません!しかしながらそんな状況の中でも新たな発見があった選手も多かったと思います。

  2. 2017湯の丸キャンプ【2017,01,08】

    菅平も素晴らしいゲレンデコンディションですが、ここ湯の丸も本当に良いゲレンコンディションです。降雪、圧雪の方々のプロフェッショナルぶりが雪面にドリルを入れるとわかります!国体予選に向けて参加してくださっている方が多く、セット替えを頻繁に行いながら滑り込んでいます。

  3. 2017湯の丸キャンプ、硬く締まった素晴らしいコンディション【2017、01,07】

    湯の丸キャンプ初日。初日の今日はフリースキートレーニングからスタート、滑走中の外足が主導権を持つのはどのあたりからか、実際にどのような動作を行えば良いかなど、細かくフリースキー。その後、降雪整備を終了したての第一ゲレンデにポールセット。

ページ上部へ戻る